読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ版 東京タラレバ娘 1話はトゲを抜かれてる感じ

 東村アキコの作品が好きで、東京タラレバ娘はコミックスが出始めのころによく楽しんでいた。

読み始めたときは、ちょうど主役たちと自分の状況が重なるタイミングで、エピソードやモノローグにはいちいち心をグサグサと刺されるようなつらさがあったが、ハッとさせられたり奮起したりという感覚がとても楽しかった。

 

 そんな漫画がドラマ化するというので早速1話を観た。

漫画のストーリーをなぞっているはずだが、なんだろう、この妙なテンポの悪さ…。
キャスティングの微妙さや、主人公の年齢変更に伴う違和感が指摘されているようで、きっとそれもなきにしもあらずだが、原作の持ち味であるあの小気味いい辛辣さが、なんだか全然無い。

私が読んだ東村先生の作品はどれもキャラクターに活気があってダイナミックで、ギャグの切れ味が鋭く、テンポがもの凄く良い作品ばかりで、読むと心底活気づけられる。とっても刺激的だ。タラレバに関しては、さらに心を抉る教訓的な内容なので、刺殺されるかのような酷い刺激があるがそれが良いところ。まるで、痛いマッサージを受けているような、いわゆる痛気持ちいいという感覚。それがおそらく、大衆向けのテレビドラマでは表現しきれないのだなという感想を抱いた。

例えば、
「酔って転んで男に抱えて貰うのは25歳までだろ、30代は自分で立ち上がれ
もう女の子じゃないんだよ?おたくら」という辛辣なセリフが、
「いい歳した大人は自分で立ち上がれ」という表現に変更されている模様。
確かにテレビならば「25歳」「30代」という具体的な年齢は避けた方がいいのかもしれないが、27、28、29…と、1年ごとに年齢をカウントダウンして気にする、いわゆるアラサー女性にとって、ここが改変されると心に響くか響かないかがとても変わってくるんじゃないか。
私なら「大人ってまだ先だろう」と他人事に思ってしまう。

原作には「もう33歳だけど40オーバーの独身女よりは 全然マシ」というセリフもあるのだけれど、これもドラマじゃ使えないのだろうなあ。

トゲを抜かれたドラマは、どこまで共感してもらえるのだろう。

 

matome.naver.jp

 

関係ありませんが、大島優子ちゃんファンなので応援はしています。

今月買った服

このごろ、すっかり低下していた美容意識を取り戻すため、とりあえず美容室でパーマを予約した。
美容室でパーマをかけると、髪を良くしてもらえるのはもちろんのこと、キレイな場所で2時間ほどファッション雑誌をたっぷり読めるから一発で美容意識が高まって本当に便利だ。

 

 

そうして買った服たち

①niko and... ざっくりニット

f:id:maishiro1985:20170119135759p:plain

http://zozo.jp/shop/nikoand/goods-sale/15679506/?did=33030998

 

休日、家にいるとざっくりニットが着やすい。
パッと見で気に入って安くなっていたもの。
雑誌によれば、薄手のニットはプチプラOK、ざっくりニットはちゃんとしたものを買いましょう、だそうな。うーん確かに。

 

 

②page boy 花柄ロングスカート リボンつき

f:id:maishiro1985:20170119140023p:plain

http://zozo.jp/shop/pageboy/goods-sale/14184230/?did=30962623&rid=1095

zozotownにて気にかかっていたものが店舗で安くなっていたので。
流行りで欲しかったこの丈のスカート、なかなか気に入るのがなかったけれど、これは柄がとてもかわいいし、どんな色味のトップスにも合いそうなのでたくさん着たいな。
フリーサイズでウエストはゆるめ。

ついでに同じくpage boyにてネイビーの刺繍ニットを買った。
冬場はニットばかり着るけど無地しか持っていなかったので、かわいいのが買えて満足。

 

③GU スウェットプルパーカ(長袖)

f:id:maishiro1985:20170119141255j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/281629

 

トレンチコートだとか、ロングスカートだとか、キレイ系の服と白パーカーを合わせるというのを、春にかけて挑戦してみようと思う。今のメインの外套はネイビーのチェスターコートなので、とても合うと思う。

 

 

じっくり雑誌を読んで欲しい服を考えた上での買い物なので、なかなか良い買い物したんじゃないかしらね。今月はこれで服を買うのは終了する!(つもり)

2017年観た映画②

www.kiminona.com

君の名は。2回目、IMAX。ユナイテッドシネマにて。

1度目はこんなに大流行する前、公開してすぐの昨年9月に劇場で観た。
その時は全体的には楽しめたものの、中盤にあるシリアスな展開の衝撃が大きかったせいか、脳がシャッターを下ろしてしまったようになり、それ以後はフィルターづたいに観てしまって、あまり感情移入できなかったという感想を抱いた。今回はネタバレしているので楽しめるかな、さて。で観に行った。

 

結果、前回よりもとても楽しめた。

美しく彩度が高く繊細な絵と、心を打つ音楽は、オープニングから熱い胸の高鳴りがあるし、ことに真実を知ってから再び鑑賞する前半は、より切なくなって以前よりもずっと目が離せなかった。劇中、「前前前世」がかかるシーンもやっぱり絶品で、映像も音も最高に疾走感があって、自然と身体が動いてしまうくらい興奮するものだった。

なのだけど、やっぱり後半はなかなか楽しめきれない自分がいた。
クライマックスで問題とされていた部分が、最後解決はするのものの、どのように解決されたのか描かれていないためちょっと釈然としないのが理由かもしれない。個人的にはその最後に引っかかる「問題」部分で鑑賞中に割とストレスを感じており、それが晴らされないのかな、とも思う。

ただこの作品においてはそこはあまり重要ではないということも解るので、個人的なことだとは思うけれど。

 

私が一番好きな映画は、「千と千尋の神隠し」。
君の名は。」を観る前に、久々に「千と千尋の神隠し」を観て、「ああ、何でこんなに感覚重視で細かい説明もない突飛なストーリーで、生理的に気持ち悪いシーンもあるのに、1シーン1シーン全てでストレスがなく楽しく観られる作品なのだろう」と改めてこの作品の最高さを確認してしまったので、まだまだ「君の名は。」には「千と千尋の神隠し」の興行収入を抜かないでほしいなと思うのであった。

2017年観た映画①

f:id:maishiro1985:20170113131804j:plain

atsui-ai.com

 

2017.1.9 ディノスシネマズにて。

 

シアターキノのウェブサイトで観たい映画を探していたところ、人気のため延長上映中ということで気になった作品。本当はそのままシアターキノで観たかったのだけど、運悪く上映期間終了のタイミングだったので、まだ上映していたディノスシネマズへ行って観た。ディノスシネマズはほとんど初めて。キノよりは大きい映画館なのにキノくらいの小さなシアターもあったりと不思議なところだった。森彦のコーヒーが飲めるカフェ付きで、コーヒー好きにもうれしい。

この映画は、普段の私なら劇場ではなくDVDで済ますような大人しい映画。しかし、小さなシアターに所狭しと入った様々な人の息づかいや泣きすする声と共に観たせいか、つられて情動も大きくなり、エピソードひとつひとつに何度も泣かされてしまった。映画館って、ただ迫力を楽しむものなのではなくって、こういう楽しみ方もあるのね。

ところどころ納得のいかないところもあるものの、キャスティングがとても合っていたので説得力はあり、死を題材にしている割りにはグロさも嫌な悲しさもなく見やすい映画でした。

 

 

2017年のお正月で他に観た映画(DVD)は、グレムリン、アフタースクール、天使にラブソングを…2 。こちらは感想を書くには時間が経ってしまったな。

 

今年はたくさん映画を観れますように!

1985〜2017

1985年北海道生まれのグラフィックデザイナーです。

てんやわんやの20代が終わり、ようやく落ち着いて気づいたら31歳…。

 

人生を豊かにするために記録を残していきます。

似たような境遇の人の、なにかしらタメになれば。

 

はてなブログを始める手続きにて、

↓これ間違えていたらしく、ロボと思われてしまいましたが、なんとか開設。

わたしは人間です。

f:id:maishiro1985:20170113124123p:plain